Carbopol®は世界各国で幅広い製法で使われている3極対応の徐放性基剤です

Carbopol®とは

Carbopol®の概要

Carbopol®(物質名:カルボキシビニルポリマー)はマトリックス型の放出制御により、直打法・湿式造粒法等の製法や、シングルユニット型・マルチプルユニット型の溶出制御に対応する事が出来る、非常に効果的な徐放性基剤です。

特 徴

  • 他の基剤と比べて少ない含量で徐放性を制御できるので、コストの削減と錠剤の小型化が可能です。
  • 3極対応しており、米国と欧州のDMFに登録されています。
  • 様々な処方設計に対応する事ができます。
    • 種々のAPIにおいて狙ったパターンの溶出プロファイルの設計が可能です。
    • 下記の成分と組み合わせて使用し、相乗効果を生み出すこともできます
      -Carbopol®同士の異なるグレードでの組み合わせ
      -他の徐放性基剤(HPMC、HPC、CMC、アルギン酸ナトリウムなど)との組み合わせ
    • 種々の添加剤に対して高い適合性があります。
  • 粉末グレードの971PNF/974PNFもしくは顆粒グレードの71GNF、どちらの形態でもご提供できます。あらゆる種類の錠剤製造プロセスでお使いいただけます。
  • 打錠圧や錠剤硬度はCarbopol®マトリックスの溶出性に影響を及ぼしません。
  • 幅広い打錠圧で製造でき、優れた錠剤硬度と耐摩損性を示します。
  • 天然物ではありませんので、安定したご提供が可能です。
  • 合成品ですので、TSE/BSE/GMOの対象外です。
  • 結合剤やマスキング剤としてもお使いいただけます。

▲ページTOPへ戻る

品質・規格

  • 医薬品添加物規格(JPE):Carboxyvinyl Polymer カルボキシビニルポリマーに適合
  • 米国薬局方(USP/NF):Carbomer Homopolymer Type A(971PNF/71GNF)、Carbomer Homopolymer Type B(974PNF)に適合
  • 欧州薬局方(Ph.Eur):Carbomersに適合

▲ページTOPへ戻る

製品ラインナップ

製品名 溶媒 形状 粘度[CP]
(0.5wt% at pH7.5)
規格
971PNF 酢酸エチル 粉末 4,000-11,000 医薬品添加物規格:
カルボキシビニルポリマーに適合
974PNF 粉末 29,400-39,400
71GNF 顆粒 4,000-11,000
Carbopol® 71G NF
(顆粒タイプ)
Carbopol® 971NF/974NF
(粉末タイプ)

▲ページTOPへ戻る