• TOP/ MESSAGE / 人事担当役員メッセージ
  • MESSAGE 

    ビジネスは、
    究めた先にこそ得られる。

    取締役執行役員

    増田 壽和

    Toshikazu Masuda

    1人ひとりが主役。

    CBCは化学品専門商社から始まり、古くから既存事業の拡大のみならず、新たな事業領域にも果敢にチャレンジすることを大切にしてきました。その結果として今では多岐にわたる事業が互いにバランスよく支え合い、更なるグローバル展開を推し進めております。

    現代は、従来とは異なったスピード感、スケールで世の中が動いており、これからは誰もが予測できない変革の時代が待ち受けています。我々も外部環境の変化と向き合い、自らを高めていくことで、これまで以上に果敢に挑戦し、独自の価値を世界中で生み出していくことを目指しております。

    CBCには「Dream Together」というスローガンがあります。これは会社としてのビジョンも勿論Dreamの1つではあるのですが、社員一人ひとりにも夢があり、社員と会社が求めるベクトルが合うのであれば、それぞれの夢の実現をどんどん後押していこうという考え方で、誰もが主役になれる企業風土があります。今ではその文化は非常に根付いているため、日々熱い想いを語る社員も多く、その想いから生まれた新たなビジネスの話を聞く度に、これからの変革の時代であっても力強い企業であり続けられると確信しております。

    大切なのは、情熱。

    CBCでは、様々な個性を持った社員が活躍しておりますが、共通して言えるのは、皆が“燃えるような情熱”を持っている、ということです。専門知識があり、語学が堪能であったとしても、ビジネスに真剣に向き合い、社内外の関係者を巻き込めるほどの熱意が無ければ、自分ならではのアイディアは実現できません。その熱意とは決して自分本位なものではなく、社会や顧客の課題と向き合い、自分を磨き上げ、世の中をより良くしていきたい、という熱い想いの事を指します。単なる好奇心だけではなく、己と向き合うための胆力や、最後までやり遂げる粘り強さも非常に大切です。悩み、苦しながらも、苦難を乗り越えることで抜きん出た存在感を発揮するようになり、乗り越えたその先に辿り着いた者だけが味わえる達成感があるのだと思います。

    創業から100周年を迎えようとしている今、振り返れば、いつの時代も情熱を原動力にしながら、時代のニーズをいち早くキャッチし、独自のビジネス展開をしてきました。自由な発想で未来に挑戦していきたい、自分ならではの付加価値を究め、大きなビジネスを成し遂げたい、という意欲に溢れた方々と出会えることを、楽しみにしています。